Possible Nuclear Meltdown in Fukushima

福島第一原発1号機、燃料の溶融が進んでいる可能性

The possibility of a meltdown in progress exists at Fukushima Daiichi, Reactor 1.

経済産業省の原子力安全・保安院は12日午後2時すぎに記者会見を開き、東京電力福島第一原子力発電所の1号機(福島県大熊町)で、原子炉内の燃料の溶融が進んでいる可能性が高い、と発表した。

The Nuclear and Industrial Safety Agency at the Ministry of Economy, Trade and Industry held a press conference on 3/12/11 at at 2:00 pm and announced that the nuclear reactor fuel in the Tokyo Electric Power Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Unit 1 (Ookuma City, Fukushima Prefecture), may be in the process of melting down.

放射線医学総合研究所が原子炉敷地内で、燃料中に含まれる核分裂生成物であるセシウムを確認した。

The National Institute of Radiological Sciences confirmed the presence of Cesium fission product in the nuclear fuel.

1号機の燃料Aの水位は、マイナス90センチがマイナス170センチまで下がり、燃料が水面から露出しているとみられる。燃料Bの水位についても、80センチから145センチまで下がっていることが確認されたという。格納容器内の圧力は750キロパスカルが754キロパスカルで、圧力は比較的安定している。

The water level of fuel A in Unit 1 dropped from -90 cm to -170 cm, and fuel rods appear to be exposed above the surface of the water.  It was confirmed that the water level of fuel B has gone from -80 cm to -145 cm.  Containment pressure is 750 kPa, but at 754 kPa, the pressure is relatively stable.

炉心溶融は、想定されている原発事故の中で最悪の事態だ。これが進むと、爆発的な反応を引き起こして広く外部に放射能をまき散らす恐れもある。

Among all hypothetical nuclear incidents, a meltdown is the worst. If this continues, it could end up causing an explosive reaction, spreading radiation outside the reactor.

[朝日新聞社]

, ,